Stardust Ploget

ソフトウェアの解説、音楽プレイヤーの使い方から、時事考察、そしてアマチュア無線に至るまで、オールマイティなブログ。
※「PLOGET」 = 「PLANET」 + 「BLOG」
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉 (JUGEMレビュー »)
エクスメディア, 野々山 隆幸, 久保 雄二, 神保 雅人, 成川 忠之
RECOMMEND
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best (JUGEMレビュー »)

ファンの方々は「端折られている部分が多い」とか言っていますが、実際初代〜IIの全内容を収録するのは結構厳しいことで、仕方ないと私は思っています。それよりこの感動が「手軽に」味わえるのがいい!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    カナ (08/27)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    リンデル (01/15)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    道隆 (01/03)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    タンやオ (12/29)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    こういち (12/24)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    まろまゆ (12/19)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    モグモグ (12/17)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    夜沢課長 (12/09)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    俊之 (12/04)
RECENT TRACKBACK
宣伝

IEは現在のホームページ作成技術から見ても、非常に遅れたブラウザです!
特にサイトを作っている人は、今からでも遅くない!
Firefoxへの乗り換えを検討してみては?
Get Firefox

ランキング&カウンタ

Blog Ranking

FC2 ブログランキング

Pod for Studentsは、Stardust Planetグループです。
本館(小説絵画館)へ

当サイトとして: (重複あり)

JavaScriptが無効です。カウンタは表示できません。

Feed Meter
RSS feed meter for http://shin-kai.jugem.jp/

グーグル ページランク

iPod液晶保護フェア

大事なiPodの液晶画面を守りましょう!
1枚お手元にどうぞ。

液晶保護フィルム(iPod専用)
↑私が使っているものです。

BlogPet
BlogとつながるBlog
Namaan ブログ検索

powered by NAMAANブログ検索

関連リンク

話題:PSP

話題:iPod 5G

話題: au Fan

Random Jump!!
BlogPeopleガチャガチャブログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
会津地方振興局サイト
福島テレビ・Lばんスーパーニュースで報道された、福島県会津地方振興局の公式サイトへ行ってみた。

私の環境は、当然Mozilla Firefox 1.5.0.6。ところが、福島テレビはトップページにある、「お役所のイメージを変える」動画に注目していたが、ある点で、お役所のイメージを全く覆していない。

それは、Firefox非対応。
Firefoxでアクセスすると動画が表示されない。Netscape Communicator 7.1以前でアクセスしたときの対応しか、ソースには書いていなかったが、NCは開発がストップしている。(現:Netscape Browser または Seamonkey、どちらも英語版)
ちなみにNCからのアクセスは、Javaアプレットを読むようになっていた。

日本では、欧米ほど、Firefoxへの移行率がよくないという事情はあるものの、そしてobjectタグがW3C公認であることもある(これはobjectタグに対応しないMozillaが悪い)が、CSS対応が遅れ、あるいは独自実装が多いIEに最適化されたサイト(これは、単純にHTMLタグを派手な装飾に用いることが多い)は、音声ブラウザ等から見たときのアクセシビリティが悪いという指摘がある。
それに、Macintoshユーザーを無視した対応でもある。(Mac IEは現在存在しない)

日本でも、アクセシビリティ重視の風潮はもっと起きてほしい。そして、福祉の向上を唱えつつも、公式サイトのアクセシビリティ向上に応じないのが、今の日本の役所である。アメリカ合衆国ではそんなことしたら違法だ。

サイトを作る気が本気であるのなら、Mozilla FirefoxかOpera、それに音声ブラウザも試すべきである。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
2件連続巨人ネタ。
2件続けて巨人系のネタになります。

最近本当に弱くなってしまい、あまり勝ち星を見かけなくなってしまった巨人ですが、今日久々の勝利。
ただ、やっぱり結果を出していたのは、力のないチームの中で奮闘する、イ・スンヨプだったとな。

29歳の日韓通算400号。世界にもわずか3人しかいないという、20代で400本塁打。

そして、誰でも自分のメモリアルは勝ち星でという望みを持ちますが、チームが同点となった9回裏、2アウトから自らサヨナラを打ち、メモリアルに勝ち星を付けた。

しかし、この話、本当に、李以外の選手はどうなっているのかと思いたくなる。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
孤軍奮闘 イ・スンヨプ
最近、ほんとうに春先の勢いが幻だっただろうかと思えてしまう原巨人。
首位独走から、今や最下位と1.5ゲーム差。
そんな中で、李の活躍は本当に目覚ましい。李がいなければ巨人はとうに最下位だっただろう。

ほかの選手たちも、李の活躍に応えよう!集中!
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
敵基地攻撃は侵略か
結局のところ、中韓はただ日本に滅んでもらいたいのか。
そういう意図が見え隠れする。

ただ座して死を待つのみ、そういうことを言うことは、世界有数の防衛力を持つと言われる日本として、非常にばかばかしい。

もちろん、国際的非難を浴びるようなやり方をしてはいけない。
だが、1発目はさておき、2発目、3発目と撃ってきた、そういうシチュエーションでは、国民を守ることができない、自衛隊、日本国軍に意味はない。
「東京を見殺しにするな!」
と2発目の原爆を阻止すべく、米国の制海権下に飛び出した伊号507潜水艦(映画「ローレライ」)。それほどの勇気が、いま求められている。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
今回のミサイルも冷戦の延長か
思うこと。
共産主義陣営に属する北朝鮮を擁護するのは、同じ共産主義陣営である中国(People's Republic)とロシアである。

今回の制裁決議、安全保障理事会理事国15のうち、あるいは常任理事国5のうち、ただこの2つのみが壁なのである。こんなアイロニーといったらない。
国際連合が発足して以来、それまでと比べて平和な状態ではあるといえるが、常任理事国の利害関係が、結局は、「真の平和の到来」を阻止している。なぜなら、こういう制裁決議が出せないからだ。

もっとも、ここで中国が拒否権を発動しようものなら、全世界規模の反中・反北朝鮮運動が展開されるだろう。中国が今いるところは、片方が崖に繋がる分かれ道。そして、崖に向かって中国は進もうとしているのだ。それを説得している、4カ国連合(英国・米国・フランス・日本)に同調すべきではないのだろうか。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
矯正可能=死刑回避?
[広島小1女児殺害]ヤギ被告に無期懲役 広島地裁判決
女児殺害のヤギ被告には死刑を、今後の抑止力に (ライブドア・パブリックジャーナリズム)

死刑にすべきと主張しているのは単に遺族感情だけではない。
最近、「矯正可能」として死刑を退けられた者が、「矯正」できなかった例が異常に多い。

ポポロクロイス物語II 第1章のシナリオ中にこのような台詞が出てくる。
「竜の牙には竜の牙を。」
これは、ピエトロが(ボクシーの策略で)大地の竜を誤殺して、大地が腐敗するのを阻止するために、老竜神に面会したとき、老竜神が言った台詞である。古代メソポタミアの法典の「目には目を歯には歯を」がベースになっている。
要するに、これらの言葉が言いたいのは、「罪を犯して奪ったものは、それと等価なものをもって償わなくてはならない」ということだ。矯正して、社会復帰をするというのは、こういう精神からは大きくはずれたものだが、しかしそれが達成できるなら、何もないよりはよかろうが、それさえできない人間はいったいどうすれば「償える」というのだろうか?

昭和40年代以前、当時の子供たちは「罪を犯せば自分が死ぬ」と教えられてきた。今は少年法などがあまりにも宣伝されすぎ、さらに現実とヴァーチャル・リアリティの境目もなくなって、「罪を犯してもなんともない」という意識が大人から子供まで蔓延するようになった。このまま、重大犯罪に対し甘く処断するような状況が続けば、そのうち本当に、日本の警察、日本の司法はなめられきった状態になるだろう。そうなる前に、少し考えるべきなのである。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 23:19 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
国際試合のジャッジの公平性
日本の得点場面、審判が誤審認める?(読売/インフォシーク)

最近、国際大会の審判による問題となる判定が目立っている。
ワールド・ベースボール・クラシック 日本対米国戦におけるボブ・デービッドソンの判定はあまりにも有名になり、議論を呼んだ。

整理しよう。ボブ・デービッドソンは、WBC二次リーグAブロックの、アメリカ合衆国対日本、および対メキシコ合衆国の試合で、ともにアメリカ側に与する誤審を行ったとして、日本側が抗議文を提出するもWBC主催者に退けられたという経緯だ。

さて。サッカーワールドカップ 日本対豪州戦における主審エッサム・アブデルファタも、同じような判定を行っていた疑惑が浮上。

中村のクロスをGKと競り合った柳沢にファウルがあったというもので、ロイター電によると、「試合中に僕(オーストラリアGKシュウォーツァー)が主審に聞きに行ったら『自分の間違いだ。申し訳ない』と言われた」という。


ここまでは、ファウルをとらなかったことを謝罪する公平な態度だと思ったが、次が問題だ。

エジプト人の同主審はさらに試合後、豪州のビドゥカ主将に対し「豪州が勝ってくれて、神様に感謝している」と話したという。これが事実なら、日本の得点後の判定の公平性にまで疑問を抱かせることになる。


ここだ。アブデルファタは、どうやらデービッドソンと同じく、特定の国に与する判定を行っていたらしい。

こういう国際大会だからこそ、判定の公平性は大切なのではないだろうか。現代、すべての人類は自分の国籍を持つので、自分の国、あるいはその友好国を愛する気持ちも大事であり、それがなくなったら現代の社会生活に多少なりと影響を与えるだろう。が、審判も裁判官も、およそジャッジメントに携わる者は、「自分の良心とルールブック」(※)にのみ従う姿勢が大切なのではないか。

※「日本国憲法第76条(3) すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。 」を受けている。
続きを読む >>
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
シンドラー社は国内・海外ともに無責任な態度をとり続けるのか
今、かのシンドラーエレベータの本社が出したプレスリリースを見てきました。
そこにはこう書かれていました。

Fatal Accident in Tokyo, Japan
08. June 2006
(中略)
Schindler has no design related user fatalities on record. Fatal accidents in the elevator industry are mainly due to inappropriate maintenance or dangerous user behavior in the context of entrapment. (中略)
The risk of having a fatal accident with an elevator is lower than with any other means of transportation. Safety is Schindler's most important value.


下線部訳:シンドラーは記録上、ユーザーの致命的なことに関連するデザインは全くしていません。エレベーター産業における重大な事故は、大抵トラップ部分における、不適当なメンテナンス、あるいは危険なユーザーの動作のためです。(中略)エレベーターにおいて重大な事故が起こるリスクは、他のいかなる輸送方法よりも低いです。安全というのは、シンドラーの最も重要な価値です。(訳者:Shin-kai)
※6月11日追記:BBRの雑記帳さんが全訳を載せています。

※13時40分追記 出典:Schindler Media Relations News

何言っているのだ、こいつは、と。
結局、Product liability(製造物責任)の考え方に立脚せず、メンテナンス業者に責任を押しつけているのではないか、と。

日本の製造物責任法は内容不十分のため、今回のケースへの対応は非常に厳しい物があろう。が、何らかの形でシンドラーは痛い目を見なければいけないようである。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 07:54 | comments(0) | trackbacks(4) | ↑PAGE TOP
天皇という存在
陛下報道で敬語なしを批判 文科相、教基法特別委で

政治家の反論に対する賛否の声はいろいろあろうが、しかし日本の歴史上、天皇陛下に対し敬語を使わない、ということが行われているのはここ30年くらいのことだろう。

大日本帝国時代は、間違いなく憲法第3条「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」により、このようなことは認められなかったであろう。また天皇は主権者であった。

一方、それ以前の時代、いわば古典文学の世界となるような時代、形式上は天皇主権だったが、天皇が果たして主権者であったのかは判別つきがたいような状態になっている。それでも天皇には敬意を表して敬語を使ったところである。

現在、天皇には必ずしも敬意を表す必要がないと言うところはわかるのだが、しかし、敬語を使わないというのは直接的に、日本の伝統に対する挑戦となりうるのではないだろうか。
すると、昨日書いたとおり、受け容れられないというのが筋であるはずである。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 17:35 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
Nice Work!
読売ジャイアンツ・清水隆行が2試合連続のサヨナラ・・・。
もう1アウト満塁とくれば、チャンスは大きいが、失敗の可能性もなきにしもあらず、ゴロに打ち取られれば・・・?
という中で、見事に犠牲フライ。

2005年5月13日の対西武戦(セ・パ交流戦)では9回2アウトから西口文也のノーヒットノーランをホームランで阻止している。

(出典 Wikipedia

西武の西口といえば、清水にはこんな因縁があった。また因縁が生まれてしまった。清水の勝負強さもものすごい。

とかく、しかしその前のバッター、仁志敏久を敬遠してまで勝負を挑んだ、西武ベンチの思い、そして西口の思いはいかようだったのか。
| 時事 (06.4.4〜、除ライブドア) | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP