Stardust Ploget

ソフトウェアの解説、音楽プレイヤーの使い方から、時事考察、そしてアマチュア無線に至るまで、オールマイティなブログ。
※「PLOGET」 = 「PLANET」 + 「BLOG」
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉 (JUGEMレビュー »)
エクスメディア, 野々山 隆幸, 久保 雄二, 神保 雅人, 成川 忠之
RECOMMEND
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best (JUGEMレビュー »)

ファンの方々は「端折られている部分が多い」とか言っていますが、実際初代〜IIの全内容を収録するのは結構厳しいことで、仕方ないと私は思っています。それよりこの感動が「手軽に」味わえるのがいい!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    カナ (08/27)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    リンデル (01/15)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    道隆 (01/03)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    タンやオ (12/29)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    こういち (12/24)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    まろまゆ (12/19)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    モグモグ (12/17)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    夜沢課長 (12/09)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    俊之 (12/04)
RECENT TRACKBACK
宣伝

IEは現在のホームページ作成技術から見ても、非常に遅れたブラウザです!
特にサイトを作っている人は、今からでも遅くない!
Firefoxへの乗り換えを検討してみては?
Get Firefox

ランキング&カウンタ

Blog Ranking

FC2 ブログランキング

Pod for Studentsは、Stardust Planetグループです。
本館(小説絵画館)へ

当サイトとして: (重複あり)

JavaScriptが無効です。カウンタは表示できません。

Feed Meter
RSS feed meter for http://shin-kai.jugem.jp/

グーグル ページランク

iPod液晶保護フェア

大事なiPodの液晶画面を守りましょう!
1枚お手元にどうぞ。

液晶保護フィルム(iPod専用)
↑私が使っているものです。

BlogPet
BlogとつながるBlog
Namaan ブログ検索

powered by NAMAANブログ検索

関連リンク

話題:PSP

話題:iPod 5G

話題: au Fan

Random Jump!!
BlogPeopleガチャガチャブログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ポポローグ・ほかとは違う所以
GWなので、と思い「ポポローグ」の「夢の続き」モードを久しぶりに起動。


PS  ポポローグ(BEST) (中古)

「ポポローグ」はポポロクロイス・シリーズの外伝的作品と言われている。
確かに、ほかとはシステム的に一線を画する。
アイテムは1つにつき9個まで、傭兵・オプションキャラクター・・・。

しかし、一番の違いは、
「夢の続き」という、イベントのほとんどないモードを採用したことである。私はそう確信する。

ポポロクロイスは、もともと、「アニメチックロマンチックRPG」というカテゴライズがされている。
そのため、ストーリー性を最優先としたシナリオ構成になっているはずである。

それを、あえて、ストーリー性とはほど遠いこのモードを採用した。このために一線を画すと言われているのだ。

ゲームクリア後のセーブデータをロードした場合、「ポポロクロイス物語II」以降では、「アルバムモード」となる。
これは、ゲーム本編中に見たイベントを、再び見ることができる。
これはこれで批判はあるのだが、こちらはストーリー性の観点からすると、「夢の続き」モードより、(特にこのカテゴライズの意味を重視する場合は)受けがよいのではないか、とも思う。

とはいえ、一般にRPGは一度クリアしたらつまらないともいう。この不満(?)を打破するには、「夢の続き」モードのようなものを入れれば、ポポロクロイス・シリーズ以外にあっては、受けがよいと思う。
| ゲーム関連 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
骨が折れるゲーム
PSPのゲーム、【Hg】ハイドリウムも佳境に入り、
一度データ紛失でリセットしたリッジレーサーズも再び佳境となった。

しかし、ラストに入ると骨が折れるステージばかり。当然といえば当然だが・・・。

【PSP】【Hg】 ハイドリウム 
ハイドリウムのHelios Volume 1が特に曲者だった。
最初シルバーでスタートし、カラーシャワーを浴びないようにステージの奥底まで持って行かねばならない・・・。
ところがこれがなかなか難しかった。

最後は来鷲の機転の利いたアドバイスで、何とか乗り切った。
その内容は次のとおり。

最初の坂を下りたところにスイッチがあり、坂の反対側に近道がある。坂に少しだけ入ったところで逆に傾けるとマーキュリーが分離する。このとき坂に入る方を多く(20%以上に)しないように注意。
スイッチが押され、扉が開いたところで、坂に入ったマーキュリーを捨て、残ったマーキュリーで奥を目指す。するとシルバースイッチが押せる。

この後は、私が攻略した順番として、

スイッチを押した後にあるパイルドライバーにつぶされると一巻の終わりなので、タイミングを計って突入する。なお勢い余って逆に落ちないよう注意。すぐにフロントに戻って、今度はすべて坂に突入させ、赤に染める。
青のカラーシャワーは回避。フロントに戻って、坂の反対側に入り、赤スイッチ(I)を押し、シルバースイッチからさらにバキュームパイプで移動、赤スイッチ(II)を押す。坂を下りて(このとき逆ハン使わないと落ちます)青スイッチの前からバキュームパイプ。緑シャワーを浴びて緑スイッチを押したらそこから段差を降りてフロントへ。最後に坂を下りて、青シャワーを浴び、フロントに戻って青フィルタードアから赤スイッチ(II)に戻る。坂を下りて青スイッチを押し終了。

まぁこんなもんです。参考になるなら参考に。

・・・STARDUST PLANETにハイドリウムの攻略追加するか?それかlivedoor Wiki使うか。

[Hg] Hydrium, the Japanese translation of Archer Maclean's Mercury, Copyright © 2005 Ignition Entertainment Ltd. Developed by Awesome Studios (UK). Published in Japan by Sony Computer Entertainment Inc.
[Hg] logo is a trademark of Sony Computer Entertainment, Inc.
| ゲーム関連 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
欧州版ポポロ発売 - Ignition社プレスリリース
とりあえず昨日の記事に関連して、Ignition社のプレスリリースが出てます。

http://www.ignitionent.com/press_release25.htm

さて、ローディングの遅さがやや気になり、ゲーム内容の薄さは既に同シナリオを経験している日本人には不評でした。一方、海外のアナリストからは「初心者向け」との評論を受けているものの、おおむね好評のようです。

追記:Amazon.co.uk によれば、現時点の発売予定日は4月28日とのこと。

******

ゲーム概要:

ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険は、ポポロクロイス物語(初代)、ポポロクロイス物語IIを再編集、間に新シナリオを入れたり、ポポローグのキャラクターも「召喚」という形式で出演できるようにした作品。なお、テレビアニメ版「ポポロクロイス」での縁か、今回、初めてアニメーション製作プロダクションに株式会社トムス・エンタテインメント(東京ムービー、名証第2部 コード番号3585)が指定された。
2005年2月10日、日本国内発売。当初シナリオ前半に絡むバグなどがあり、PSPの初期不良問題と相まって2ちゃんねるなどのユーザーからは批判の対象となった。なお6月くらいには極秘裏にバグ修正完了バージョンを発売したようだ。
2005年11月に、PSP the Bestとして再発売(UCJS-18003)される。
この作品でポポロクロイス・シリーズは海外デビューを果たし、2005年6月、日本語のまま香港・中華民国で発売(UCAS-40009)される。2005年12月には度重なる販売延期騒ぎの末に、アスキー系の米Agetec Incorporatedが英語版を発売(ULUS-10018)する。そして、今回、今春に英Ignition Entertainment Limitedが発売されることがわかった。なお、欧米においてポポロクロイスは初めて、SCE以外の看板を掲げて発売された。
| ゲーム関連 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
欧州版ポポロクロイスの情報
先の記事の編集のため、Ignition Entertainment社のサイトに行っていましたら・・・

ポポロクロイス ピエトロ王子の冒険(UCJS-10005 開発:株式会社ジーアーティスツ 発売:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 原作:田森庸介氏)の欧州版の詳細情報ページを発見!

http://www.ignitionent.com/pop/products_pop.htm
こちらになります。

これによると、

発売日:2006年春のうち
発売元:当然、英Ignition Entertainment Limited

などの詳細情報が浮かび上がってきました。

ポポロファンの皆さんは要チェック!
| ゲーム関連 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP