Stardust Ploget

ソフトウェアの解説、音楽プレイヤーの使い方から、時事考察、そしてアマチュア無線に至るまで、オールマイティなブログ。
※「PLOGET」 = 「PLANET」 + 「BLOG」
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉
超図解資格 基本情報技術者試験完全対策〈平成18年度秋期版〉 (JUGEMレビュー »)
エクスメディア, 野々山 隆幸, 久保 雄二, 神保 雅人, 成川 忠之
RECOMMEND
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best
ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険 PSP the Best (JUGEMレビュー »)

ファンの方々は「端折られている部分が多い」とか言っていますが、実際初代〜IIの全内容を収録するのは結構厳しいことで、仕方ないと私は思っています。それよりこの感動が「手軽に」味わえるのがいい!
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    カナ (08/27)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    リンデル (01/15)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    道隆 (01/03)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    タンやオ (12/29)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    こういち (12/24)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    まろまゆ (12/19)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    モグモグ (12/17)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    夜沢課長 (12/09)
  • 当ウェブログへのコメント・トラックバックについて
    俊之 (12/04)
RECENT TRACKBACK
宣伝

IEは現在のホームページ作成技術から見ても、非常に遅れたブラウザです!
特にサイトを作っている人は、今からでも遅くない!
Firefoxへの乗り換えを検討してみては?
Get Firefox

ランキング&カウンタ

Blog Ranking

FC2 ブログランキング

Pod for Studentsは、Stardust Planetグループです。
本館(小説絵画館)へ

当サイトとして: (重複あり)

JavaScriptが無効です。カウンタは表示できません。

Feed Meter
RSS feed meter for http://shin-kai.jugem.jp/

グーグル ページランク

iPod液晶保護フェア

大事なiPodの液晶画面を守りましょう!
1枚お手元にどうぞ。

液晶保護フィルム(iPod専用)
↑私が使っているものです。

BlogPet
BlogとつながるBlog
Namaan ブログ検索

powered by NAMAANブログ検索

関連リンク

話題:PSP

話題:iPod 5G

話題: au Fan

Random Jump!!
BlogPeopleガチャガチャブログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
日本の優勝
今日、キューバに勝った日本は、WBCの初代王者というタイトルを獲得。「初代」は永久不滅である(日本の初代首相が伊藤博文であるという記録は戦争に負けても消えなかったくらいであるから)。

さて、3年後、2009年のWBCは、ディフェンディング・チャンピオンとして戦うことになる。そのときも活躍を期待する。

今回、WBCに参加した選手は、メジャーリーガーは2人のみで、ほかは普通のNPB所属選手。

日本からメジャーリーグへ、多数の選手が流出する中、内地でもまだ野球が強いことが、これで証明されたのであろうか。

※そういえば、この記事を持ちまして、当Weblogの100ページ目となりました。ひとえにみなさまのおかげです。ありがとうございます。
| その他 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
三度目の正直
ワールド・ベースボール・クラシック大会で、ようやく日本は韓国から勝利を勝ち取り、決勝進出した。

一方、韓国としては、これまで2度、日本代表に対して勝利を重ねてきたのが水泡に帰した。3度目の敗戦ですべてが終わったのである。

これまで日本代表は、8回で韓国においしいところを奪われていたのだが、今回は7回に日本が先制。そのときかその直後か大雨が降った。日本代表選手は雨に強いのだろうか。

そして今回の勝利投手は上原。韓国に1点も許さなかった、日本の「英雄」である。韓国では英雄の像を造る習慣があり、特に豊臣秀吉の朝鮮出兵に際して、水軍を指揮して日本軍を駆逐した、李舜臣は銅像と軍艦名(しかも高性能防空駆逐艦)になっている。今回、大事な場面で勝利をもぎ取った上原に、それくらいの扱いはなかろうものだろうか。

なお、アメリカのニュースサイト−私はYahooに行ったのだが−では、イチローの活躍が大きく伝えられていた。
| その他 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(8) | ↑PAGE TOP
トリノ・オリンピックでメダルラッシュと言った無責任なるマスコミ
はっきり言うと、今回トリノオリンピックでメダルラッシュの期待を削いだ責任は、選手にはない。

そもそも選手というのは、メダルを取るのは目標の1つだが、そうでなくとも自分の力が精一杯出せればそれでいいのだが、メダルがないと、必ずマスコミのバッシングを食う。

しかもそのマスコミは事前に、選手の成績が良い→メダルラッシュという風に語っているのだが、そんなにオリンピックという場は甘くはない。

65年前、当時の大日本帝国海軍は世界最大の軍艦・戦艦「大和」を完成させた。この「大和」はアメリカ合衆国の艦艇がパナマ運河通過という条件を満たさなければならなかったことを利用して、米軍に対して有利になるべく建造した、と日本側は思っていたに違いない。これはスペックデータを見ただけのこと、つまり、此処で言えば選手の成績を見ただけのことであって、それが実戦で通用する保証は何処にもなかった。

結果として、航空機の時代になりつつあったその時代、戦艦大和は米軍に対して有利になるどころか、その特長を生かせず、天敵「航空機」によって沈められる道を選ばざるを得なかったのである。後に日本が勝利をかけて建造したこの「大和」は、「世界の三馬鹿」と呼ばれることになるのである。

トリノオリンピック日本選手団は、この道を歩んでしまうのであろうか。

これらに実戦で通用する保証を与えた人々がいた。それは紛れもなく、戦艦大和に対して大艦巨砲主義者、トリノ選手団に対してマスメディアである。それらは、惨敗ぶりに対して、マイナス評価を下した(下すに違いない)。しかし、それはお門違い以外の何者でもないのである。嘗て自分らの行った行動を全く評価せずに、大和(選手)に評価を下すのである。

INFO: こちらの記事も読んでいてためになります。
余は如何にして道楽達人になりしか:インフレ気味のメダル候補に惑わされず五輪を見たい
ランニング柔道家の日記:お疲れさま スノーボード・ハーフパイプ

重要:2月13日午後8時2分、投稿しました際、ウェブログ投稿ツールまたは管理者側ブラウザの誤作動により、同時に2つの記事がポストされまして、記事No.50を削除いたしました。

その後の調査で、記事No.50をリンク先とするトラックバックが送信されていたことが判明し、改めて記事No.49をリンク先とするトラックバックを送信いたします。

BlogPeopleの利用者の方々には、大変ご迷惑をおかけいたしております。何卒ご了承くださいますようお願いします。
| その他 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP